そんな段階に触れ合い

セリーグだと2打席目線からそんな情景に遭遇するのではないでしょうか?
9番投手で3アウトチェンジで第一線バッターで次の回から山田。これは頻発するでしょうね。
あとは、7番若しくは8番が成功でランナー掛かるときの9番ピッチャーの送りバント。で、1塁が空いている状態で山田。次のバッターが誰になるかを通じて、得点差異によってもなるけれども、必ずまともには対決はして欠けるのでしょうね。
ということが頻発するのでしょうし、それが不愉快でピッチャーになれないバスターやエンドランをたくらみて、ゲッツーなんて最後なこともありそうですしね。で、次の回の第一線バッターという地ね。
しかし、最高でも良いとしたら、それは投手を9番ではなく、7番又は8番に置いておく地。9番打者が1塁に置いて掛かる状態で山田という情況をつくりたいですね。
さすがに1塁におけるランナーを得点しやすい2塁には持って行きにくいし、対決ってことになるから。参照サイト